Menu

卒業生の声

HOME > 人事の部屋 > 卒業生の声  >  No10 2017年入社:知徳高等学校卒業

小松

深沢 泰成

2017年入社
出身校:知徳高等学校

Q.入社の決め手

学校の先生の勧めで施設見学しました。見学をした際に挨拶をしてもらえたのと働いている雰囲気がよかったためふれあいグループに入社を決めました。

Q.仕事をしていて面白さや、やりがいを感じるのはどんな時

介助をした時に「ありがとう」と言われると介護の仕事をしていて良かったと思うのと同時に実際に先輩に教えていただいたことが役に立った時はやりがいを感じます。

Q.職場の雰囲気や先輩後輩との関係は

職場の雰囲気はとてもよく、ブラザー以外の先輩もよく声をかけてくれます。

Q.自分の成長を感じられるときは

先輩からアドバイスをもらって、しっかりできた時は自身の成長を感じます

Q.入社するまでに不安に思ったことは

学生時代にアルバイトをしたことがなかったので先輩とどのように接したらよいかわからず不安でしたが、ブラザーと一緒にいることで不安は解消されました。

Q.学生へのメッセージ

ふれあいグループにはブラザー制度があります。ブラザー制度とは半年間、自身について指導してくれる特定の先輩がいることです。
とても距離が近い関係で質問すればすぐに答えてくれますし、先輩についていくことで仕事の動きなどを教わらなくても見て覚えることもできます。また、アドバイスももらえるため細かいケアが学べます。
この制度があるので福祉を学んでいない方でも問題なく介護の仕事につくことができると思います。