Menu

卒業生の声

HOME > 人事の部屋 > 卒業生の声  >  No2 2011年入社: 飛龍高等学校卒業

片山 喜樹

片山 喜樹

2011年入社
出身校:飛龍高等学校

Q.入社の決め手

高校在学中に部活(和太鼓)のボランティアでグループホームふれあい奄美を慰問したのがきっかけです。そこで入居者様と会ってから介護の仕事に興味を持つようになり入社しました。

Q.仕事をしていて面白さや、やりがいを感じるのはどんな時

入社当初は何をやってよいのかわからず不安で、どのように入居者様とコミュニケーションをとってよいか戸惑いましたが、入居者様と心がつながったと思える場面に出会うと喜びや次への活力となります。

Q.職場の雰囲気や先輩後輩との関係は

上下関係が良好で、とても風通しの良い職場(会社)ですので仕事での悩みを相談できる先輩方がたくさんいます。

Q.自分の成長を感じられるときは

介護付有料老人ホームから始まり、住宅型老人ホーム、デイサービス、グループホームと異動するごとに仕事を覚える速度が速くなったと思うときに成長を感じます。

Q.入社するまでに不安に思ったことは

人とうまく話ができるか、コミュニケーションがとれるか、とても不安でしたが、入居者様から話しかけてくれたので次第にコミュニケーションがとれるようになりました。

Q.学生へのメッセージ

頼りになるたくさんの先輩がいます。困った時、不安なときにも相談できる環境ですので安心して働ける職場です。