Menu

人事ブログ

HOME > 人事の部屋 > 人事よりブログ  >  感染症研修

感染症研修

看護部会により感染症研修が行われました。

設定は「食堂で利用者様1名が嘔吐、その時職員は2名。ほかの職員は嘔吐していない

利用者様を見ている。」嘔吐の処理を間違えてしまうと、広範囲に菌をまき散らすこと

になってしまいます。

いかに、素早く汚物の処理をするのかが感染拡大を防ぐポイントになってきます。

 

まずは設定に沿ってこの場合どのような動きになるのか話し合いが行われました。

 

話し合いの後、看護師によるガウンテクニックの指導です。

嘔吐物は広範囲に飛び散ります!

実際に残飯を使用して飛び散り方を実証します。

飛び散った嘔吐物の菌が飛び散らないように素早く処理をします。

これを何度も繰り返し行い、手順を覚えます。

参加者からは、マニュアルを見て処理をしていたらすぐに感染が拡大してしまうが

実際に試してみることで手順が頭に入ってよかったとの意見をいただきました。

感染症にかからなことが一番ですが、もしもの時に備えることもとても重要です。