Menu

人事ブログ

HOME > 人事の部屋 > 人事よりブログ  >  小規模多機能ホームふれあい岡宮 1

小規模多機能ホームふれあい岡宮 1

先日、小規模多機能ホームふれあい岡宮のケアワーカーの仕事に密着しました。

介護付有料老人ホームやグループホームはよく耳にするけれど小規模多機能ホームって

どんな施設なんだろうという方が多いと思います。

小規模多機能ホームを簡単にご説明すると

高齢者の方が住み慣れたご自宅で自立した生活できるようにサポートします。

利用者様やご家族のご希望により、「通所(デイサービス)」「宿泊(ショートステイ)」

自宅でのサポート「訪問」を利用できます。

※詳しくは「小規模多機能ホームとは」をご覧ください

小規模多機能ホームとは

—-ある1日のスケジュール(送迎~レクリエーション)—–

8:30

「通所」をご利用の利用者様をお迎えに出発です。

「車両に傷がないか」「ハザードランプが点滅するか」などを出発前に点検します。

8:45

利用者様宅へ到着。

ご家族との会話より利用者様の健康状態や様子を伺います。

9:30

施設へ到着。

利用者様の熱、血圧を計測後水分補給をします。

職員は手洗い、うがい、マスクの交換をして菌を施設内に

持ち込まないように注意を払います。

10:00

利用者様はパズルや漢字クイズなどのリクレーションを行ないます。

職員は宿泊された方の夜のご様子や、その日利用される方が楽しく安全に

過ごしていただく事が出来るよう、申し送りを行い必要なことを出勤職員全員で

確認します。

 

11:00

利用者様と体操を行います。

 

体操を行っている間、他の職員は利用者様の薬のチェックを2人で行います。

 

午前中の仕事内容を簡単にご紹介しましたが、職員はいつも作業をしながらも

利用者様の声に耳を傾けむけ、寄り添っていました。

また、利用者様の送迎に同乗した際に、職員に「いつもありがとう」

と声をかけていただきました。私自身もその場にいて暖かい気持ちになりました。

「ありがとう」て魔法の言葉ですね。

 

小規模多機能ホームふれあい岡宮2では昼食編をご紹介します。