トップページ >  ふれあいグループからのお知らせ > ふれあい佐野 地鎮祭 2017.08.09

求人情報はこちら

動画

施設診断

お客様の声

資料請求はこちら

空室情報

介護サービス

有料老人ホーム

グループホーム

デイサービス

居宅介護支援サービス

ホームヘルプサービス

小規模多機能ホーム

特定福祉用具販売・貸与

サイト内検索

ふれあい佐野 地鎮祭 2017.08.09

     

台風一過の抜けるような青空の下、ふれあい佐野の地鎮祭を執り行いました。

厳かな雰囲気の中、粛々と進行し、皆で工事の無事を祈りました。

今後は本格的な工事に入ります。

近隣の皆様には作業時、人の出入りや作業音などでご迷惑をお掛けすることと思います。

何卒ご理解ご容赦賜りますようお願い申し上げます。

また、お気付きな点等ございましたら、何なりとお知らせくださいませ。

 

さてさて、本社に帰ってきたお土産(お供え物)

なかなか不思議なものがあります。

いわしのふりかけ???なぜ???

ちょっと地鎮祭について調べてみました☆

 

地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とは、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式と仏式がある。一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭土祭り地祭り地祝いとも言う。

ふむふむ・・・なになに流れ???

 

手水(てみず、ちょうず)

   神事の会場に入る前に手水桶から掬った水で両手を洗い、心身を浄める。

 

修祓(しゅばつ)

開式の後、祭典の本儀に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。

 

降神(こうしん)
祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。神職が「オオ~」と声を発して(「警蹕(けいひつ)」と言う)降臨を告げる。

 

献饌(けんせん)
神に祭壇のお供え物を食していただく儀式。酒と水の蓋を取る。

 

祝詞奏上(のりとそうじょう)
その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。

 

方祓(しほうはらい)
土地の四隅をお祓いをし、清める。切麻(きりぬさ)・散米(さんまい)とも言う。

 

地鎮(じちん)

    

斎鎌(いみかま)を使った刈初(かりそめ)、斎鋤(いみすき)を使った穿初(うがちぞめ)、斎鍬(いみくわ)を使った鍬入(くわいれ)等が行われる。設計・施工・建主に振り分ける事が多い。鍬入の儀とも言う。

 

玉串拝礼(たまぐしはいれい)
神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊等に紙垂を付けたもの。

 

撤饌(てっせん)
酒と水の蓋を閉じ、お供え物を下げる。

 

昇神(しょうしん)
神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。この後に閉式が行われる。

 

神酒拝戴(おみきはいたい)
直会の前に行われるケースもある。土器(かわらけ)の杯にお神酒を注ぎ、神職の合図で乾杯を行う。

 

きっと太古より行なわれてきている神事なのでしょうね。

古をかんじる1日となりました。

 

調べ:Wikipedia/写真:ふれあいグループ・渡辺建設様・青山建築設計事務所様

 


PAGE TOP